ATMで現金引き出し可能なキャッシング

電子技術の進歩により例えキャッシングカードを保有していなくとも、ネットで申請すればその日の内にキャッシング審査・認定が行われ、全国のコンビニに設置してあるATMから、現金を引き出すことが可能になっています。全ての金融機関のキャッシングサービスがATM引き出し可能になっているとは言えないので、事前の情報収集が必要です。このような便利な時代では、ついつい手軽さに誘われて利用頻度が多くなる傾向があるので、自制心を持って対応することが重要になってきます。知り合いの中にも、利便性の魔物に取り付けれ、いつの間にか多重債務者に落ちてしまった人が居ますが、だれにも知られずに現金引き出しができる利点がネガティブに働いた事例でもあります。


<海外でも近い将来利用可能>

現在は国内だけのキャッシングも、近未来には海外のATMで現地通貨で現金引き出しができる段階にまで来ています。このような電子技術進歩の速い時代では、益々利便性の高いシステムが構築されて行くので、それらの環境に馴染むことがトラブル予防に効果的です。


<利便性の本質を理解する>

働かずして現金が手に入るキャッシングサービス、その仕組みや特質を理解していれば利用に抑制がかかり、借り過ぎ、返済不履行などのトラブルを防止できます。手軽に現金が手に入る現代社会にあっては、自制心をもって現金を利用することが幸せな生活を送る条件とも言えます。

Posted in キャッシング | Leave a comment

返済シミュレーションで計画的なキャッシングを

審査も即日で必要な書類も少なく安心のカードローン。という言葉をよく耳にします。確かにとても便利ですが、そのプランは本当に自分に合っているのでしょうか。実際に返済シミュレーションをして、カードローンかキャッシングか、どちらが一番自分に合っているか調べてみましょう。


〈高額を一度に借入する場合はローンを〉

キャッシングの返済は一括かリボ払いのどちらかを選ぶことになります。リボ払いとは毎月固定のお金を支払っていくシステムです。返済シミュレーションを実際に行ってみると、100万円を金利18%で借入し、3年間かけて返済した場合、同じ期間なのにローンより約10万円も多く支払わなければならないという結果になりました。返済額もお得になりますし借入の限度額はローンの方が高いので、高額を一度に借入したい方はローンとして契約し、コツコツ返済していくことをおすすめします。


〈少額借入する場合にはキャッシングを〉

返済額はいくらでも大丈夫という会社もありますが、基本的にローンは10万単位からでしか契約出来ません。そして50万円前後の金額で借入したい場合は、リボ払いの方がお得なようです。再度返済シミュレーションをしてみました。50万円を金利18%で借入し、約1年半かけて返済した場合、ローンの方が約4千円多く支払う結果になりました。同じ借入でも、金額によって返済額に差が出るようです。

自分がいくら借入したいかが定まったら、まずは返済シミュレーションをしてみましょう。借入金額や金融機関によって様々な回答が出てきます。返済期間が短いが月々の返済が多い、2年で返済したいけど借入額が少なくなるなど、色々あります。その中で一番自分に合ったもの、一番納得したものを選び、これからのお金の運用計画を立てていきましょう。

Posted in キャッシング | Leave a comment

キャッシング、安全と安心を重視するなら銀行系

さまざまな宣伝媒体で目にすることがあるキャッシング会社の多くは銀行系が多いでしょう。潤沢な資本を元に、安全と安心を売りにして、顧客へアピールをしています。もし、あなたがキャッシングで迷っているなら、銀行系を選ぶのは良い方法だと思います。


<銀行系のキャッシング、そのメリット>

契約する側からみると最も魅力的に感じるのは低金利です。一般的には銀行系のほうが低い金利のプランを提供しています。また、少額融資のプランで幅広い層から人気があるのも特徴でしょうか。銀行は基本的に企業相手に多額の融資をおこない、その利子によって利益を得ています。個人相手がメインではありません。なので、個人へのプランは低金利というサービスが可能になってきます。


<それでも銀行系にも苦手なことがあります>

それが消費者金融系との差です。低金利の銀行系キャッシングは審査に時間がかかることが多く、基準も高めに設定されています。スピードを重視するならば、これもあくまで一般的ですが消費者金融系のほうが早くキャッシングができるでしょう。審査基準や必要な証明書なども少なくなっています。どちらが良いのか。それは、あなた次第です。時間がかかっても低金利を重視するなら銀行系、そんなふうに思ってもらっても問題ないと思います。しっかりと調べることが重要です。

Posted in キャッシング | Leave a comment